日光アレルギーについて知ろう!

日光アレルギーについて

日光や日光の紫外線を浴びる事により、肌に湿疹が起こり、肌が真っ赤に腫れたり、かゆみを感じるようになることがあります。この症状を日光アレルギーを言います。通常、人が浴びても問題のないレベルの量の日光や紫外線を浴びただけでも肌に異常が起こるようです。日光アレルギーというのはあまり知られていないことが多いようですし、湿疹やかゆみが起こったところで、それがまさか日光や紫外線によるものだと考える人は多くないと思います。また、湿疹やかゆみの原因が紫外線だけとも限りませんし、医師でない限りはその判断はとても難しいでしょう。

 

とは言え、日光や紫外線を浴びるたびに湿疹やかゆみが起こるようであれば日光アレルギーを疑った方が良いかもしれません。

 

ところでこれまでは日光や紫外線を浴びても肌に何も異常は起こらなかったのに、突然湿疹が発生するようになったりするのでしょうか。実はアレルギーというのは急に発症することが多いのです。花粉症もそうですよね。今までは春になっても何ら問題はなかったのに、スギ花粉を毎年のように体内に蓄積していくことによって抗体の一定量を上回ってしまった時にアレルギー症状が突然現れるのです。

 

日光アレルギーもこれと同様で、日光や紫外線を浴び続け、抗体の一定量を上回ってしまうと日光や紫外線を浴びた時に毎回アレルギー症状が現れるというわけです。そういうわけで、小さい頃は外で良く遊んでいて、日光や紫外線を浴びても何も起こらなかったのに、今になって湿疹が起こるようになるということも考えられます。しかし、抗体はどれくらいで一定の量を超えるかについては人それぞれなので、一生日光アレルギーの症状が出ない人もいますし、明日突然出る人もいるかもしれません。

 

日光アレルギーというのは花粉症と同じく、一度かかってしまうと完治することは不可能に近いと言われています。ですから、症状が現れてしまわないようにアレルギーの原因となるものに接しないことが重要です。要するに日光アレルギーの症状が出ないようにしっかりと日焼け止めを塗って、長袖や帽子を着用するなどしてとにかく日光や紫外線を浴びることから体を守ることが大切です。

 

それでもどれだけ気を付けていたとしても日光や紫外線を浴びてしまうことはあると思います。そして酷いかゆみや湿疹が起こってしまったら、皮膚科にすぐに相談するようにしましょう。症状の程度がそれほど重くなければ非ステロイド剤を出してもらえるでしょうし、場合によってはステロイド剤かかゆみを止めるための飲み薬を出してもらえるでしょう。ステロイド剤は効果が強いので、すぐに湿疹が治まると思います。しかし、これは一時的なものなので、完治させるには不十分です。あくまでも緊急措置として使うようにしてください。またステロイド剤は副作用がありますので、使用に際して注意が必要です。さらに、薬剤が日光アレルギーの原因となることが多いですので気を付けてください。薬を飲んだり、注射をした後にごくわずかでも日光に当たると数日後に酷い湿疹が発症することもありますので十分な注意が必要です。