日光アレルギーについて知ろう!

日光アレルギーの症状

多くの女性は日頃から肌を紫外線から守る為に日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を持ち歩いたりしていますが、最近、日光アレルギーを発症する人が増加していています。

 

日光アレルギーとは別名、紫外線アレルギーや日光過敏症とも呼ばれている皮膚疾患なのですが、一般の人が浴びても何ともない程度の多少の紫外線を浴びるだけで肌に湿疹が発生したり、皮膚が真っ赤に腫れ上がったり、酷い場合には水ぶくれやじんましん、ミミズ腫れなどができてしまいます。繰り返しますが、ほんのわずかな時間でも日中、紫外線を浴びるだけでこのような症状が現れてしまいます。また、現れる症状はこれだけではありません。皮膚疾患だけではなく、吐き気や頭痛を引き起こしてしまう事例も多く見られます。

 

まだ症状の程度が軽い内は、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたり、UVカット加工の施された帽子を被ったり、腕を出さないように長袖の服を着用するなどして外にでかけることはできますが、あまりにも症状が悪化した場合には、UVカット加工されたカーテンをしっかりと閉めた状態の部屋の中でじっとしていなくてはなりません。

 

また、単純に紫外線を浴びたからというわけではなく、抗うつ剤や化膿止め、抗生物質や血圧投下薬などの薬を服用した後に紫外線を浴びたら皮膚疾患が起こったという例もたくさんあります。日光アレルギーは一度発症すると完治は難しいと言われていますので、日光アレルギーを引き起こす原因をまずは突き止めて、その原因を避けるようにしましょう。