日光アレルギーについて知ろう!

紫外線アレルギーの原因と予防法

皆さんは紫外線アレルギーをご存知ですか。花粉症のアレルギーを抱えている人はたくさんいますが、紫外線アレルギーを発症する人が近年増加しつつあるようです。

 

紫外線アレルギーは別名・日光過敏症や日光性皮膚炎とも呼ばれています。この紫外線アレルギーになってしまうと、紫外線を浴びるたびに肌が真っ赤に腫れてしまったり、湿疹ができたり、酷いかゆみを感じるようになります。症状が悪化すると、じんましんになったり、水ぶくれができたりする恐ろしい病気です。これだけでも大変なのに、吐き気がしたり、頭痛を伴うこともあるようです。

 

それではそもそも紫外線アレルギーというのは何が原因で発症してしまうのでしょうか。紫外線アレルギーは紫外線を浴びた時にできたアレルゲンともいう光抗原が働くことで、アレルギーの症状が起こってしまうことが原因でなります。一度作られてしまったアレルゲンはなくなることはなく、紫外線を浴びてしまうたびに次々とアレルゲンが増えていってしまいます。そしてまた、紫外線アレルギーの恐ろしい症状が現れて来るのです。その時に浴びた紫外線の量によって、作られるアレルゲンの量は異なりますので、その都度起こるアレルギー反応は異なります。

 

ところがこれだけは確かなことなのですが、一度紫外線アレルギーを発症した人はほぼ完全に治るということは不可能です。紫外線アレルギーの症状は非常に苦痛なものです。ですから、紫外線アレルギーはまず予防するようにしましょう。

 

紫外線アレルギーを発症してしまったとしても、その症状の程度がさほど重くないのであれば、UV加工の帽子をかぶり、腕を出さないように長袖の服を着て、しっかりと日焼け止めを塗って、日傘をさせば紫外線をほぼ防ぐことができます。帽子はUVケアやUV加工、UVカットを謳ったものを選んで欲しいのですが、このようなタイプの帽子は紫外線吸収剤を含むコーティング剤が塗られているので紫外線が帽子に当たったら害のない熱エネルギーに変換してくれるようになっています。できれば日傘もUVカット加工が施されたものを使うようにしましょう。これだけでかなりの効果を発揮してくれると思います。

 

また、日焼け止めクリームは化粧下地の代わりに使用しているという人もいると思いますが、2種類あります。1つは紫外線吸収剤が入っているもので、もう1つは紫外線散乱剤が入っているタイプのものです。紫外線吸収剤が入っているタイプの日焼け止めクリームは、UV加工の帽子に入っているものと同様に、紫外線を吸収した後、熱エネルギーに変換してしまうので紫外線が皮膚に届かないようになっています。ただし、このようなタイプの日焼け止めクリームは肌に大きな負担がかかってしまうので、それを気にするようでしたら紫外線散乱剤が入っている日焼け止めクリームを使ってください。

 

最後に、紫外線アレルギーの症状の程度が重い型は、徹底的に紫外線をシャットアウトしなくてはなりません。部屋のカーテンにはUVカット加工されたものを使用し、紫外線カットフィルムを窓に貼り付けるなどして、紫外線をしっかり防いで自分の身を守るようにしましょう。