日光アレルギーについて知ろう!

紫外線アレルギーの症状について

紫外線アレルギーの症状は外因性の薬剤などが原因となるものと、内因性の遺伝疾患や代謝疾患を患っていることが原因となるものがあります。

 

そもそも紫外線アレルギーというのは日光の紫外線が大きく関わっています。紫外線の種類には3つあり、長波長紫外線(UVA)と中波長紫外線(UVB)、短波長紫外線(UVC)となっています。紫外線の区分は波長によってされているのですが、紫外線アレルギーに主に関係しているのは長波長紫外線(UVA)です。

 

そんな紫外線アレルギーですが、具体的な症状はどのようなものなのでしょうか。まず外因性のものですが、光線過敏型薬疹と呼ばれています。光線過敏型薬疹というのは、服用した薬剤が原因となって起こる皮膚症状の1つであり、薬剤を服用した段階では皮膚疾患は起こりませんが、普通の量の日光が皮膚に当たるだけで、顔や首、腕などに発疹ができます。酷い場合は水疱もできたりします。この光線過敏型薬疹になりやすい薬剤には抗うつ剤や血圧投下薬、抗生物質や化膿止めなど、挙げたらキリがない程にたくさんあります。

 

次に、内因性のものですが、まず、多形日光疹があります。これは普段あまり日光に当たらない人や女性によく見られる症状ですが、多形日光疹の原因は解明されていません。具体的には、手の甲や腕に対して紫外線が当たると、その部分にたくさんの発疹が起こります。服用する薬剤や食べ物の中に、光感作物質と呼ばれるものが入っており、それが原因で多少の紫外線を浴びただけでも反応を起こしてしまい、皮膚に炎症が起こるようになります。

 

そして慢性光線性皮膚炎と呼ばれるものもあり、これは中年以降の男性によく見られる症状で、紫外線を浴びた部位がもの凄くかゆくなります。症状は紫外線を浴びた途端にすぐに発生するのですが、日光を避けていれば2時間以内には治まることがほとんどです。ただし、体の広範囲にじんましんが発生した場合、酷い頭痛や吐き気、体力低下が起こることがありますので非常に辛いと言えるでしょう。酷い状態になると、紫外線が洋服を通過して、服の下の皮膚にまで炎症を起こしてしまうことがあります。その他にも全身性エリトマトーデスが理由で紫外線を浴びると損傷を受けてしまうものもあります。